スタッフ募集のご案内/美容室デレディール(大阪狭山市・堺市・河内長野市・和歌山市)

美容師さん!そろそろサロンを転々とするのはやめませんか?/美容室デレディール(大阪狭山市・堺市・河内長野市・和歌山市)

南大阪を中心に美容室を展開しております、デレディールの小山と申します。

当社は、法人23年目のまだまだこれからの美容室です。
1995年に大阪狭山で開業しました。

デレディール沿革/美容室デレディール(大阪狭山市・堺市・河内長野市・和歌山市)

1995年
大阪狭山市 Affiner de coiffure open
1997年
Affiner de coiffure 拡大
1999年
有限会社デレディール設立
2000年
大阪狭山市 DERE-DIR  open
2003年
神戸岡本 DERE-DIR face  open
2005年
Affiner de coiffure 移転拡大
有限会社ディード商事会社設立
2007年
和歌山/紀三井寺 DERE-DIR fidele グループサロンopen
初の著書「まだ……店はするな!」出版
2009年
DERE-DIR Renewal open
2010年
河内長野市 DERE-DIR verite open
2012年
マカオ法人
DERE-DIR Asia Beauty Trend Ltd 設立
堺市百舌鳥 DERE-DIR galet
堺市百舌鳥 Nail galet 同時open
 (JR阪和線・百舌鳥駅すぐ)
2014年
和歌山/今福 DERE-DIR piece グループサロンopen
職業訓練校 DERE-DIR Beauty Academy 開講
2015年
移動美容室(介護福祉)スタート

時間は戻らない

ほとんどの美容室のお給料ってさほど変りません。
コミッションだとかそういうところは別だけど……。
目の前のお金が数万円高い?安い?
そんなことより……
お金はいつでも取り戻すことができる……が、
「時間は戻らない!」
大切な20代・30代は戻らない。

先々の「自分がなりたい目標になれる環境に身を置くこと」が大切と思います。

[どうしてもお金に執着するのなら……]
■こじんまりしたお店にスタッフを増やさず、圧倒的に効率の良い美容室づくり
■はたまた、どんどん店舗展開して、店づくりを楽しむような美容室展開

美容室の出口が見えていますか?

あなたは美容室(師)の出口が見えていますか?

10数年前は、誰もが「店を持つ!」とあたりまえに「クセ」のようにいっていました。

ある程度お客様がつくようになると、
そろそろ、「お店ださないの」とお客様までが言うようになる……無責任に。

さあ今はどうでしょう?
10人面接しても、目標のある人間は一人いるかいないか。

美容の成功とは

美容師は何をもって成功と言えるのでしょうか?

店をもつこと
店舗展開をしていくこと
名前を残すこと        でしょうか?

今、美容界はどうでしょう?
どこを見ても美容室だらけ。

忙しそうにしてますか?
楽しそうにしてますか?
スタッフがどんどん入れ替わっていませんか?

もちろん私共も多少のスタッフの入れ替わりはあります。

中途採用はしませんでした

私どもは中途採用はしませんでしたが、
各美容学校の生徒の減少も踏まえ、中途採用に力をいれるようになりました。

面接でよく聞くのが、どこまでできるかではなく、
どれぐらいのお客様をリピートさせられますか?

そうすると、「…………。」求職者は、あまり答えられないようです。

自分のリピート率すらわかっていません。

自立しないと……

話はもどしますが、
美容師の教育って、技術以前の問題が山積みです。
独立する人も、まず自立しないと……
それから独立です。

立場上、美容室の経営者含め、他業種の経営者とお会いする機会が多いですが、
楽しんでる経営者は20%ぐらいでしょうか。

たくさんのお客様に指名されるようになっても
150、200万~の売上があげられるようになっても
独立をしても
高給がとれるようになっても
自分自身が自由になっても

一緒に分かち合える仲間が、大切なのではないでしょうか?
仕事・結婚・また人生について「語り合える」、「育んでいける仲間」ってどうでしょう?

そんな仲間になりませんか?

Scroll to Top